賃貸住宅のデメリット

賃貸 デメリット

賃貸住宅のデメリット

賃貸 デメリットについて

画像

賃貸住宅には購入した住宅と比べて、いくつかのデメリットがあります。
賃貸の場合は毎月家賃を支払う必要があります。
購入物件の場合は支払う金額の総額は決まっていますが、賃貸住宅はそこに住み続ける限り家賃を支払い続けます。
また退去するときに、最初の状態に戻しておく必要があります。
そのため備品などは紛失せずに保管しておきます。
また壁やドアなどに損傷がないようにする必要があります。
もし損傷がある場合には、それを補修するための費用を支払う義務があります。
これに関連して、部屋の壁などに自分で工事をして棚などを設置することは禁止されんている場合がほとんどです。
工事すると、最初の状態と異なるためです。
そのため工事を必要としない方法で部屋の中の家具の設置や模様替えを行う必要があります。
家賃の金額は、一定期間内は固定金額ですが数年に一回あるいは毎年、月々の家賃の金額が見直される可能性があります。
家賃の額は税率や原油の値段など様々な要因によって決定されます。