賃貸物件のデメリット

賃貸 デメリット

賃貸物件のデメリット

賃貸 デメリットについて

画像

賃貸物件のデメリットは色々あります。
まずは、家の中を自由に出来ない事です。
今流行の家の構造を変えたり、タイルを貼付けるなどのDIYなども出来ません。
物件によっては、壁に穴をあける事も駄目などの物件もあります。
例えば、年齢を重ねていくと、段差を無くしたり階段やトイレなどに手すりをつけたりするバリアフリー工事が必要になっても出来ません。
ですので、そうゆう物件を探さなくてはいけませんが、60歳以上の方が借りられる物件というのは少なくなってきます。
その他のデメリットは、色々な費用を払わなければいけない事です。
まずは、敷金です。
これは、その賃貸物件を引っ越しなどで退去した時に、少し戻って来ます。
ですが、その他にかかる礼金は戻りませんし、物件を不動産会社に仲介してもらったなら、不動産仲介料などもかかってきます。
賃貸物件に住むと、おおよそ2年で更新になります。
その度に更新料もかかってくるなど、定期的な出費が必ずかかってくることもデメリットです。